2016年10月18日

淨閑寺

先週は東京へ出向いておりました。
そこで、当時の亡くなった吉原の遊女が投げ込まれた寺として有名な浄閑寺にも寄ってきました。

寺の山門前ではお地蔵様が迎えてくれます。

1476500562141.jpg

その隣には当時の出来事が記されています。

1476500538974.jpg


山門を潜り、ズンズン進んで行きますと、若紫のお墓があります。

1476501409424.jpg

今も彼女を慕ってか、櫛が供えられていたのは非常に女性ならではの印象を受けます。
線香を手向け、更に奥へと進んで行くと、出ました供養塔。

1476500773657.jpg

供養塔の下。お地蔵様の下には、当時投げ込まれた遊女たちのご遺骨が納められています。

1476501207786.jpg


「一斉衆生済度の請願を果たさずば、我、菩薩界に戻らじ」というお地蔵様。

1476500848675.jpg

そんな彼女たちもお地蔵様の下で救われていると信じたいですね。

ちなみに大阪で有名な飛田新地。
ここでは当時の女性を供養するために、観音様が建てられています。
いわゆる飛田観音。
機会があれば史跡巡りがてらに行かれることをお勧めします。


とりあえず浄閑寺境内を巡っていると、こんなものまで。

1476501152021.jpg

1476501127134.jpg

これら全てが、当時この界隈がどのようなところだったかを、今によく伝えてくれています。
ただ惜しむべくは、そのようなものが沢山在りながら、お寺自体が・・・

1476501490955.jpg

1476500686089.jpg

余りにも近代化改装され過ぎていて、史跡としての趣を感じられないのが残念です。
posted by 住職 at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]