2016年12月31日

善いお年を

DSC_0067.JPG

本年も残り11時間を切りました。

振り返ると、当院が宗教法人になるなど、割と変化のあった年でしたが、当事者が変化に振り回されているおかげで、今年の垢も来年に持ち越しそうです。

しかし残り10時間余り。
最後まで足掻いてみせます。


来年もよろしくお願い致します。
posted by 住職 at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

液晶パネル交換

ずっと割れたままで放置していた、外出先持ち運び用のノートPCの液晶画面。

DSC_0024.JPG

修理に出すと高いし、新しいノートPCを買うともっと高い。


見れない訳じゃないので、まっいいか?なんて思ってましたが、最近見れるようにしないと不味くなったので、今朝は、一番安上がりな自分で交換作業を黙々としておりました。

DSC_0026.JPG

届いた新しいパネルと交換です。
さようなら昨日までのオレ。

DSC_0027.JPG

バッチリです。
表示確認も取れたので、保護フィルムを剥がし、枠をハメて完成です。

DSC_0028.JPG

こんにちは新しいオレ。


また当分頑張れそうです。
posted by 住職 at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

淨閑寺

先週は東京へ出向いておりました。
そこで、当時の亡くなった吉原の遊女が投げ込まれた寺として有名な浄閑寺にも寄ってきました。

寺の山門前ではお地蔵様が迎えてくれます。

1476500562141.jpg

その隣には当時の出来事が記されています。

1476500538974.jpg


山門を潜り、ズンズン進んで行きますと、若紫のお墓があります。

1476501409424.jpg

今も彼女を慕ってか、櫛が供えられていたのは非常に女性ならではの印象を受けます。
線香を手向け、更に奥へと進んで行くと、出ました供養塔。

1476500773657.jpg

供養塔の下。お地蔵様の下には、当時投げ込まれた遊女たちのご遺骨が納められています。

1476501207786.jpg


「一斉衆生済度の請願を果たさずば、我、菩薩界に戻らじ」というお地蔵様。

1476500848675.jpg

そんな彼女たちもお地蔵様の下で救われていると信じたいですね。

ちなみに大阪で有名な飛田新地。
ここでは当時の女性を供養するために、観音様が建てられています。
いわゆる飛田観音。
機会があれば史跡巡りがてらに行かれることをお勧めします。


とりあえず浄閑寺境内を巡っていると、こんなものまで。

1476501152021.jpg

1476501127134.jpg

これら全てが、当時この界隈がどのようなところだったかを、今によく伝えてくれています。
ただ惜しむべくは、そのようなものが沢山在りながら、お寺自体が・・・

1476501490955.jpg

1476500686089.jpg

余りにも近代化改装され過ぎていて、史跡としての趣を感じられないのが残念です。
posted by 住職 at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする