2016年05月06日

連休END

19305.jpg

GWも後半に入っています。
休み中は皆さん郊外へ出るのか、市内は車が空いていて快適です。

今回のGW。
長い人は、最大10連休らしいですね。
そんな連休も間もなく終了。

しかし私の場合、そういう連休とはあまり無縁な生活を過ごしているだけに、味気無いものではあります。

今朝は、春先から育ってきた無患子の間引き手入れをしていました。
今年も実を結ばないのかな・・・

来年に期待です。
posted by 住職 at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

お磨き

17747.jpg

3月に入り、このところ暖かい日が続きます。

そんな3月は、しなければいけないことが山積する時期ですが、そんな用事に追われている時に限って今必要のない大掃除をしたり・・・

優先順位の高い面倒事ほど後回しに、綺麗になり片付いた姿を見て、安易な満足感と達成感を得る。

世間ではこれを現実逃避と呼ぶ。
だがまたそれも良しとする。

それが人の弱さというものですから、弱さも愚かさも全てを受け入れて生きたいと思います。


とりあえず三寒四温のこの時節。
体調管理にはくれぐれもご注意を。
posted by 住職 at 14:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

紹興花彫酒

このところ暑かったり寒かったりと、目まぐるしい気温の変化に悩まされております。
梅の花も咲き始め、春の訪れを感じる頃になりました。

17455.jpg

春を迎える気配に誘われて、なんとなくめでたい気持ちになり、浴酒をしていました。



〜今回のお酒〜

紹興花彫酒

17456.jpg

例えばスコッチウイスキー。
これはスコットランドで製造されるウイスキーの総称であるように、紹興酒は紹興市で製造されるお酒の総称ですね。

そこで花彫酒とは別名「女児酒」ともいわれ、娘が生まれた時、父が紹興酒を醸造し、美しい花模様を彫った瓶に詰め、それを庭に埋めて娘の幸せな成長を祈り、娘の婚礼の際に開けて振る舞う風習によるといわれています。

要は年代物の祝い酒の一種ですね。

春を迎えるに当たり、浴酒に使うのも相応しいお酒かと。
posted by 住職 at 10:15| Comment(0) | 浴酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする